御蔭神社(みかげじんじゃ)
京都市左京区上高野東山207

御祭神:本社、西殿 賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)
     東殿 玉依媛命(たまよりひめのみこと)

由緒等:
この社地は、太古鴨の大神が降臨された所と伝えられているところから御生山と呼ばれており、 東山三十六峰第二の山である。
さらにまた、太陽のただ射す所、即ち、御蔭山とも呼ばれそれに因んで社名ともなった。
御祭神は、御本宮賀茂御祖神社の御祭神の玉依媛命、賀茂建角身命、二柱の荒魂を奉祀されている。
現在の社殿は、元禄六年(一六九三)、御本宮式年遷宮の際に造替された。
それまでは、現在の本殿北東の麓に鎮座されてきたが、地震等の災害に依って殿舎が埋没したため現在の地に御動座になった。
天武天皇六年(六七七)、山背國司が造営したと伝えられる賀茂神宮は、当神社であろうとの説があるとおり、 この地は古代から山背北部豪族の祭祀の中心地であり、近隣には数々の遺跡が存在する。

毎年、賀茂祭(葵祭)に先だって、五月十二日には、御蔭祭(御生神事)が当神社で行われる。 当日は、神馬に錦蓋を飾り、神鈴を付け、鉾、太刀、弓、槍などの御神宝を捧げ持ち、社殿には阿礼(あれ)を掛ける。 数多くの供奉者は葵桂をかざし、本宮を進発した行粧は、この社に到着する。社前において、 午の刻、御神霊は神馬に移御になり、御本宮に遷御になる。途中、総社における路次祭、御本宮契の神事等が行われる。
朝廷からは、阿礼料や幣が奉献されるなど鴨社創祀の祭とされてきた。 また、神馬の御神前で行われる三台塩(三代詠)を中心とする神事芸能は、わが国最古の祭儀式を伝えるものとされ、 行粧もまた最古の神事列と伝えられており、葵祭と並ぶ優雅な行粧として名高く、室町時代に入ると数々の史料に登場する。
現今、道中は交通繁雑のため、やむなく自動車列とはなったが、当神社、 並びに御本宮糺の森での神事は古儀に依って厳粛に行われている。~(神社案内板の由緒書きより)

賀茂御祖神社(下鴨神社) http://www.shimogamo-jinja.or.jp/index.shtml
の境外摂社にあたる御蔭神社は、5月12日に行われる最古の祭儀式<御蔭祭>でしられているが実際どこにあるのか?行ったことが無かった。

今年の<御蔭祭>が雨で規模縮小になってしまったため、では本宮に伺おう!!ということで、また突然八瀬へ向かう。
ケーブルカー乗り場の前をすり抜け<え?こんなん車で行ってええのん?>というようなスロープ階段を降りどんどん山中へ。。。

道は某保養所前で行き止まりとなる。脇に車を置かせて頂き、細い山道を登ってゆく。
やっと左手に小さな案内板。

暫く進むと赤い鳥居がでん!と迎えてくださる。またひたすら山道のような参道を登ってゆくと、(この間誰にも会わない。人影すらない。クマや猪のほうが居そうな感じ)
突然石垣が現れ 目の前がぽっかり開ける。

小さなお社ながら(失礼)その佇まいは凛として空気が清い。
お参りをさせて頂き小さな探検を終えたのでした。
d0159884_125323.jpg




d0159884_1261125.jpg
d0159884_1262244.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-06-07 12:06 | 京都こもごも

時々晴れ
by うさ3811
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
日記 写真
京都歳時記
自然 植物
動物 昆虫
仕事
美味しい
展示会
音楽
博物 美術館
お茶
旅行
京都こもごも
未分類
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
頂き物^_^
at 2015-03-29 12:33
川(せん)レンタルいたします
at 2015-02-10 12:20
東福寺 紅葉日記
at 2014-11-03 16:37
2014東林町ハロウィンナイト3
at 2014-11-02 21:54
2014東林町ハロウィンナイト2
at 2014-11-02 21:43
ファン
ブログジャンル
画像一覧