<   2011年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧
夏越の祓え <藤森神社> <伏見稲荷>
<夏越の大祓>
夏越の祓では多くの神社で「茅の輪潜り(ちのわくぐり)」が行われる。
これは、氏子が茅草で作られた輪の中を左まわり、右まわり、左まわりと八の字に三回通って穢れを祓うものである。『釈日本紀』(卜部兼方 鎌倉時代中期)に引用された『備後国風土記』逸文にある「蘇民将来」神話では茅の輪を腰につけて災厄から免れたとされ、茅の旺盛な生命力が神秘的な除災の力を有すると考えられてきた。
また、茅の輪の左右に設置する笹竹に願い事を書いた短冊を振下げ、七夕に河川に流すといった俗信仰は、書初めをどんどん焼きで焚くと筆が上達するといった行事と対応している。

京都では夏越祓に「水無月」という和菓子を食べる習慣がある。水無月は白のういろう生地に小豆を乗せ、三角形に包丁された菓子である。水無月の上部にある小豆は悪霊ばらいの意味があり、三角の形は暑気を払う氷を表していると云われている。~ウィキペディアより

<藤森神社>
〒612-0864 京都市伏見区深草鳥居崎町609
TEL 075-641-1045
FAX 075-642-6231
http://www.fujinomorijinjya.or.jp

<伏見稲荷大社>
〒612-0882 京都市伏見区深草藪之内町68番地
TEL(075)641-7331 FAX(075)642-2153
http://inari.jp/

早いもので今年ももう半分済んでしまいました。
今日は<茅の輪くぐり>の日です。
まず氏神さんの藤森さん茅の輪をくぐり、お仕事でお世話になっているお稲荷さんの茅の輪もくぐり、
<ふたば>さんで<水無月>を購入し、我家の<夏越の祓え>はいつものように無事修了したのでした。

2011年折り返し半分 新たな気持ちでスタートしましょう!
d0159884_2216890.jpg




d0159884_22164810.jpg
d0159884_2217347.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-06-30 22:17 | 京都歳時記
三室戸寺 あじさい園ライトアップpat2
夜のアジサイはこんな顔
d0159884_17589.jpg
d0159884_173231.jpg
d0159884_174738.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-06-29 01:08 | 自然 植物
三室戸寺 あじさい園ライトアップ
西国第十番札所 明星山 三室戸寺
〒611-0013 京都府宇治市菟道滋賀谷21
tel 0774-21-2067
url:http://www.mimurotoji.com/

<あじさい園>期間:平成23年6月1日(水) - 7月10日(日) 時間:8時30分 - 16時30分
1万株のあじさいが杉木立の間に咲く様は紫絵巻のようで素晴らしい景観です。
50種・1万株の西洋アジサイ、額あじさい、柏葉アジサイ、幻の紫陽花・七段花等が咲き乱れ、『あじさい寺』とも称されています。


<あじさい園ライトアップ> 6月11日 - 6月26日の間の土・日曜日のみ
時間:19時 - 21時(20時30分受付終了)
ライトに照らし出されたあじさいは幻想的です。
そして、平成22年は、ライトアップ時には京都芸術大大学院生によるクラシック演奏もあり、より一層、幻想的な世界に引き込まれました。

【源氏灯り絵巻 in 三室戸寺】
さらに平成22年は、(社)宇治市観光協会の協力のもと、宇治の秋の恒例行事 「宇治灯り絵巻」 に使用されている 約100基の源氏絵巻行灯 が三室戸寺参道や庭園に設置されました。
行灯のやさしい光が、あじさいをより一層美しく映し出すと共に、あの 「宇治灯り絵巻」 でお馴染みの源氏絵巻の幻想的な光景が当山に蘇ります。~三室戸寺HPより

<花の寺>として蓮のころ ツツジのころ そして紅葉と三室戸寺は何度も訪れたことがありますが、アジサイのころ訪れるのは始めて。
さらにアジサイのライトアップをしているなんて今年初めて知りました。

早速 琵琶湖一週を終えた植物学者を伴い夕闇迫る宇治へ。
思いのほか多い人出に圧倒されながらも 日中とは違う顔のアジサイを撮影。
大量の羽虫と戦うヴァィオリンデュオのお姉さんたちにエールを送りつつ帰途に着いたのでした。

続きはまた明日。。。かな?
d0159884_144011.jpg
d0159884_151843.jpg
d0159884_154398.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-06-29 01:05 | 京都歳時記
琵琶湖pat2
みずの森を出たころにはお腹が減って、某店にて昼食。

お約束の丸い覗き窓が主人に<おいでおいで>します。
やはりこれは行かないわけにはいきませんよね。。。
(本日お誕生日を迎え、なんと還暦なんですがね。。。。おめでとう!!健やかで!!
d0159884_9212143.jpg


ともかく良いお天気でした。
湖北を回り、琵琶湖一周 最後は白髭神社にて。

夏の長い日も西に沈みだしたころ、、、明日に続く。。。
d0159884_9213415.jpg
d0159884_9214464.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-06-28 09:22 | 日記 写真
草津市立水生植物公園みずの森
草津市立水生植物公園みずの森
〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091番地
TEL:077-568-2332 FAX:077-568-0955

http://www.mizunomori.jp/

開園時間 午前9時~午後5時(最終入園 午後4時30分)
アトリウム(温室)開館時間午前9時~午後4時30分
夏季期間(7/11~8/20)
開園時間 午前7時~午後5時(最終入園 午後4時30分)
アトリウム(温室)開館時間午前7時30分~午後4時30分

休園日
毎週月曜日
(※月曜日が休日の場合は次の平日が休園日です)
年末年始(12月28日~1月4日)
年間の開園日は、ご案内・申込みのイベント・休園日一覧をご覧下さい。

植物学者はとっつつつつつつても暑い園内を楽しそうに撮影して回っている。
私と主人はとっとと園内喫茶店でお茶休憩中。

梅雨だというのにこの陽気は何だろう???
この学者 東北から日照り神でも連れて来たか???と、思われるほど彼女が来てから連日真夏日。。
。。。。。。暑いって。。。。。明日に
d0159884_1643927.jpg
続く
d0159884_16435188.jpg
d0159884_1644025.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-06-27 16:44 | 自然 植物
高台寺「重宝文化財 時雨亭修復記念」傘亭茶席
東日本震災復興支援 
高台寺「重宝文化財 時雨亭修復記念」傘亭茶席

2011年5月13日(金)~7月18日(月・祝)

傘亭にて茶席 
東日本大震災の義援金として「茶席」の収益を全額寄付します。
圓徳院も特別茶席をもうけています。
高台寺/1,000円 圓徳院/800円(お茶席の受付は午後4時半まで)
※別途拝観料が必要です。~高台寺HPより

〒605-0825
京都府京都市東山区下河原町下河原通八坂鳥居前下る526
075-561-2382
http://www.kodaiji.com/index.html

行ってきました!!!!!<時雨亭>と<傘亭>茶席!!!
傘亭でお茶を頂けるなんて夢のようです!!

宮城から怪しい植物学者が避難してきたので、(うそうそ!仕事がてら遊びに来ただけ)連れて行ってきました。
しかも時雨亭で待合なんて!!(時雨亭内部が公開されたのは始めてだそうです!)

ご説明頂いた方が<時雨亭二階茶席は残念ながら強度の問題で今回は開放できませんでしたが、次は必ず。。。。>と、おっしゃっていらっしゃいました。
大変大変期待!!!!

とっても贅沢で幸せな時間でした。
期間中もう何回かいこうっと!

一枚目 時雨亭で暴れるその怪しい植物学者です。
d0159884_2145673.jpg

d0159884_2152970.jpg
d0159884_2162141.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-06-24 21:07 | 京都歳時記
内田敏樹とんぼ玉展
2011年6月14日(火)~6月25日(土)
内田敏樹とんぼ玉展
ギャラリー紀楽
滋賀県草津市野村1丁目8-17
TEL/FAX:077-564-3530
11:00~18:30

http://gallery-kiraku.com/kiraku/index.html

マイミクさんからの情報で上記の展示会を知り、急遽本日行ってまいりました。
今日はお天気も良く気温も32度となかなかのお出かけ日和(。。。って暑い)

とても感じの良いオーナーさんとわんこニャんこの話で盛り上がり、12歳祭ののチワワ君 ゴールデン君とまで遊ばせて頂き、挙句の果てにはお茶まで頂いていったい何しに行ったやら。。。。

大変失礼いたしました。
d0159884_1956640.jpg

内田敏樹さんのトンボ玉の緻密さと美しさ わんことオーナーさんの暖かさにほっこりの一日でした。
次の<加藤 万里子さん 染めと裂き織り オリジナルバック展>(2011/6/28~7/9)
   <高江 雅人さん {竹}作品展>(2011/7/12~7/17)
も、是非拝見させて頂きたいと思っております。
オーナーさま 遊ばせて頂き有難うございました。
d0159884_19561762.jpg
d0159884_19562658.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-06-23 19:56 | 展示会
鞍馬口通り界隈
今日はわらび餅を買いに<茶洛>さんへ。
わらびもち 茶洛
TEL075-431-2005
京都市北区紫野東藤森町10-1
AM11:00~PM7:00 売り切れ次第終了  木曜・第3水曜休
http://pigly.fc2web.com/umaimon/warabi/1.htm

私の中の<わらび餅ランキング>中5本の指には入る一品です。
一時大変メジャーになって売れきれ売れきれでしたがやっと落ち着いてきたようです。

夏はヒヤッと冷たいわらび餅ですよね!!
この<茶洛>さんの右隣は言わずと知れた<さらさ西陣>さんです。
■ 営業時間 12:00〜23:00
   ・昼ごはん ● 12:00〜15:00
   ・夕ごはん ●15:00~18:00
   ・夜ごはん ● 18:00〜22:00
   ・ラストオーダー ● 22:00
■定休日 水曜日
■ MAIL nisijinsarasa@yahoo.co.jp
■ 住所 〒603‐8223 京都市北区紫野東藤ノ森町11-1
■ 電話/FAX 075-432-5075
http://sarasan2.exblog.jp/

昔の銭湯の建物をそのままカフェにしたタイルの美しいお店です。
ライブも定期的に行われていて、そこでお会いした<ザッハトルテ >さんというアコーディオン、ギター、チェロのアコースティック・トリオにほれ込み、会社のギャラリーオープニングコンサートに演奏して頂きました。
ザッハトルテ さん。素敵な音楽を有難う!

ザッハトルテ Official HP http://za-ha.hp.infoseek.co.jp
ZAHATORTE myspace  http://www.myspace.com/zahatortejapan

毎月 第3月曜日
OPEN  18:00
START  19:30
charge  カンパ制 +1オーダー

今日は定休日だったので寄らずにその辺をぶらぶら。。
鞍馬口通りは古い建築物が多く残っていて、そのままお店やギャラリーに使われているところが多い面白い通りです。
ちょっと<ディープな京都>を探検したい時おすすめですよ!
d0159884_17233123.jpg
d0159884_17235040.jpg
d0159884_1724480.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-06-22 17:24 | 美味しい
大覚寺 <源氏蛍千匹放生会>
会場         旧嵯峨御所大覚寺門跡
日時      2011/6/18(土) 19:00~21:00
住所      京都市右京区嵯峨大沢町4
お問合せ先   旧嵯峨御所大覚寺門跡 075-871-0071
ホームページ http://www.daikakuji.or.jp

「源氏」の発祥の地でもあり、永らく「文化サロン」の役割を果たしてきた大覚寺で、古来より日本でも「螢火(蛍火)」として親しまれ、源氏物語にも登場する源氏蛍を約1000匹放生される。
また、当日は音楽奉納(デュオ・シャンタン。バイオリンとビオラの二重奏)も執り行われる。
放生会とは、捕獲した生き物を野に放し殺生を戒める宗教儀式。
千匹もの源氏蛍が発する蛍火を眺めながら先人の気持ちに思いを馳せ、ひとときの安らぎを感じ、併せて命の尊さをかみしめることができるはず。(雨天時決行)~京都のイベントカレンダーより

わくわくしながら大覚寺に向かった私たち。
朝から降っていた雨も上がり、蛍が飛ぶには好条件!!
と、思いきや会場入り口でチケットを求める列に並んでいるうちにぽつぽつぽつ。。。。。
主人が車に傘を取りに行ってくれている間、前に並んでいたお母さんに傘を貸して頂き(なんて有り難いんだろう!その節は本当に有りがとうございました)会場内へ。

読経が流れるライトアップされた会場内。残念ながら傘傘傘の波で何も見えず。
突如ライトが消え、闇の中蛍が乱舞するはずが、、、、、
雨で高く舞い上がることはなく、ちらりほらりと上っていくルシフェリンの緑色。
兎も角 雨の夜の大覚寺を見ながら高雄へ。

いつもなら乱舞しているはずの橋の上 こちらもちらりほらり。。。
鮎釣りをする友人が今日言ってましたが今年は鮎も不漁のようで、、なかなか蛍の大群にも、鮎の塩焼きにもめぐり合わないのでした。
気と首をなが~くしてまってるよぉ~鮎~~~!!
d0159884_18421086.jpg

d0159884_18422284.jpg
d0159884_18423092.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-06-21 18:42 | 京都歳時記
吉田山大茶会 pat2 <韓国抹茶>
韓国の茶の歴史は、新羅興徳王3年(828年)12月に大廉が茶の種子を唐から持って来て智異山に植えたという記録が最初である(『三国史記』)。
しかし、緯度が高く気候が茶の栽培には適さず、生産量は限られたもので、さらにその品質も悪く、後述の『高麗図経』では「土産茶、味似苦渋不可入口(高麗産の茶は苦く渋くて、口に入れることができない)」と記されている。
『三国史記』や『三国遺事』などの古文書による記述も少なく、中国宋王朝の使節である徐兢の記録『高麗図経』(正確には『宣和奉使高麗図経』)では 高麗の喫茶法が確認されるが、記述が不十分で当時の喫茶法については正確なところは解らない。
熊倉功夫氏などは抹茶法であったと推測しているが、宋時代の抹茶法では用いない「湯鼎」を使う、あるいは、明時代の茶書『製茶新譜』で団茶法(鼎や鍋で茶葉を煮出す方法)に対して用いられている動詞「烹」を使うなど、疑問点が多い(抹茶の場合は通常「点」を用いる)。

李氏朝鮮の喫茶法は古い喫茶道具や文献資料の不足から不明な点が多いが、『朝鮮王朝実録』の記録からは中国明王朝の使節を迎える際に、茶を用いた儀礼(茶禮)が行われていた様子が確認、文禄・慶長の役の時に明の楊鎬が南原の茶は高品質と言った記録もある。
また、清への朝貢物品の中で1637年から1645年まで茶千包が含まれていた。

どちらにせよ、朝鮮国内における茶の生産量 並びに供給量が限られていたため、茶葉を用いた喫茶の習慣は上流階級や一部の寺院のみのものであったようだ。

一般的に朝鮮半島で「茶」と言う場合は、中国・日本などで言われる「茶」ではなく、木の根などを煎じた薬湯や、果実を湯に浸した物(柚子茶)等を指す場合が多い(韓国伝統茶)。
また、茶の代用として炒米に湯を注ぐ「こがし」も日本同様に行われていた。

文献資料からは朝鮮半島において例外的なものを除いて「茶道」という言葉が使われておらず(確認される限り『茶神伝』の1箇所だけである)、儀式としての「茶禮」(タレ)に重点が置かれていた。朝鮮半島における「道」の語は通常道教(道家思想)を意味する。~ウィキペデイアより

<菖蒲の節句の茶>の設えの中 お抹茶のお手前を頂戴いたしました。
上記のように<李氏朝鮮時代には崇儒廃仏によって仏教的な文物の多くは破棄されており、この時期に喫茶の風習も途絶えていた>中、残り少ない資料を研究し復刻された抹茶手前は、道具、所作にいたるまで茶道のお手前によく似ていました。
(何より主茶碗の李朝茶碗の美しいこと!!)

柄杓が瓢箪なところ、棗が陶器 茶巾が沢山ある お道具が膳の上にある などなど微々たる違いはあれどほぼ、お薄のお手前に類似しています。
味は少し苦めのお薄といったところ。お菓子がゴマの風味のお餅とヨモギ餅で素朴な味わいで美味しかった。

以前お茶の仕入れで韓国に行った時は<トングルレ茶>や<クコ茶>など韓国伝統茶と<緑茶(ノク茶)>と呼ばれる雀舌のような新芽のお茶は頂いて来たが、抹茶を頂いたのは今回が初めて。

青葉と緑風の中、ゆっくりほっこりした時間でした。

お手前ご説明を頂いた韓国茶道協会 京都支部の皆様 有難うございました。
http://www.kankokusadou.com/index.html
d0159884_15234297.jpg




d0159884_15235081.jpg
d0159884_1523595.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-06-20 15:24 | 博物 美術館
  

時々晴れ
by うさ3811
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
日記 写真
京都歳時記
自然 植物
動物 昆虫
仕事
美味しい
展示会
音楽
博物 美術館
お茶
旅行
京都こもごも
未分類
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
最新の記事
頂き物^_^
at 2015-03-29 12:33
川(せん)レンタルいたします
at 2015-02-10 12:20
東福寺 紅葉日記
at 2014-11-03 16:37
2014東林町ハロウィンナイト3
at 2014-11-02 21:54
2014東林町ハロウィンナイト2
at 2014-11-02 21:43
ファン
ブログジャンル
画像一覧