<   2011年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧
<何じゃかんじゃ芸術展2011>開催中!
期間 2011/7/29(金)~8/1(月)  10:00~17:00(最終日~15:00)

場所 レンタルスペース<空>http://www.tatsumi-con.co.jp/kuu/index.html
京都市下京区西洞院通り木津屋橋通り 北東角 辰巳ビル2階

問い合わせ 辰巳 尚隆(タツミ ヨシタカ)08061037188

本日も沢山の皆様にご来場頂き 誠に有難うございました。
暑い最中 本当に皆様感謝申し上げます。。。

ブログ友さんの久遠さんにもご来場頂き 楽しい時間をいただきました。
わざわざお運び頂き 本当に嬉しい!!
お会いできて益々魅力的な方だと思いました。
有難うございました!!
d0159884_1944964.jpg

今後とも宜しくお願い申し上げます。



d0159884_195677.jpg
d0159884_1951472.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-07-30 19:05 | 展示会
<何じゃかんじゃ芸術展2011>始まりました
期間 2011/7/29(金)~8/1(月)  10:00~17:00(最終日~15:00)

場所 レンタルスペース<空>http://www.tatsumi-con.co.jp/kuu/index.html
京都市下京区西洞院通り木津屋橋通り 北東角 辰巳ビル2階

問い合わせ 辰巳 尚隆(タツミ ヨシタカ)08061037188


本日初日開催を迎えました<何じゃかんじゃ芸術展2011>

初日より沢山のお客様にご来場頂き 誠に有難うございます。
お暑い中お立ち寄り頂き 心より感謝申し上げます。

お近くにお寄りの際は どうぞ
d0159884_20401126.jpg
涼みにいらしてくださいね。
d0159884_20402769.jpg
d0159884_20405639.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-07-29 20:41 | 展示会
本日搬入宜しくお願い致します
明日から8月1日までの<何じゃかんじゃ2011展> 本日20:30より搬入です。

ご参加の皆様 宜しくお願いもうし上げます。

今回はご出展頂ける皆様も数多く また一味違った展示会をご覧いただけるかと思います。

お暑い中恐縮ではございますが お立ち寄りいただければ幸いです。

d0159884_10245439.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-07-28 10:25 | 展示会
夕暮れの烏丸あたり
家路を急ぐ車の波。

夕暮れのなか 晩御飯の匂いと<おかえり~>の声目指して なにやらうきうき家路を急ぐ人人人。

ちょっとほっこりな一コマです。
d0159884_1858155.jpg
d0159884_18583271.jpg
d0159884_18584487.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-07-26 18:59 | 日記 写真
ある日のお稽古
床の間の<祇園守り>と主菓子<岩清水>

そして弟弟子の浴衣姿が夏ですねぇ。。

姉さん弟子三ヶ月ぶりの復活です。お帰りなさい。
d0159884_16585380.jpg
d0159884_16591037.jpg
d0159884_16593466.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-07-25 17:00 | お茶
伏見稲荷大社 本宮祭
〒612-0882
京都府京都市伏見区深草藪之内町68
075-641-7331
http://inari.jp/
伏見稲荷大社
2011/7/23(土)~7/24(日)

荷大神のご分霊を祀る全国の崇敬者が本社に参拝し、日々の御神恩に感謝する大祭。
宵宮祭には、稲荷山をはじめ境内の全域に散在の石灯篭・数千に及ぶ奉納提灯に灯を点ずる万灯神事が行われる。この万灯神事で石灯篭や提灯に灯がともると、境内は幻想的な雰囲気に包まれる。
また両日にわたり、外拝殿およびその周辺で日本画家などの奉納による行灯画(あんどんが)が展観され、境内駐車場広場では本宮踊りが賑々しく奉納される。~ 京都のイベントカレンダーより

無数の真っ赤な提灯が風に乗ってはためき 境内はまるで幻燈の中にいるような。。
この時期京都は沢山の宵祭りが催され 暑い夏の清涼剤となっています。
昨夜アップした<みたらし祭>もその一つです。

みたらし祭をお参り終えた私たちは こちらも通年行事<伏見稲荷大社 本宮祭>に向かいます。

宵祭は数々あれど、中でも私はこのお稲荷さんの宵宮 本宮祭が好きです。
境内一面真っ赤な提灯が所狭しと吊り下げられ 著名な画家さんらによる行燈画も彩を添えます。

その赤い光の波中に立っていると だんだんここがどこなのか?解らないような錯覚に陥ってきます。
ふと振り返った浴衣姿の女の子が狐の顔だったような??

そんな不思議な感覚にいざなってくれる<本宮祭>今夜もおこなわれます。
ちょっと異次元覗いてみませんか?

d0159884_133783.jpg


d0159884_1337584.jpg
d0159884_13382226.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-07-24 13:38 | 京都歳時記
みたらし祭
下鴨神社
2011/7/21(木)~24(日) 5:30~22:30
〒606-0807
京都市左京区下鴨泉川町59
T E L :075-781-0010
F A X :075-781-4722

http://www.shimogamo-jinja.or.jp/access.html

平安時代、季節の変わり目に貴族は禊祓いをして、罪、けがれを祓っていた。現在は下鴨神社の夏の風物詩として根付いており、土用の丑の日に御手洗池の中に足をひたせば、罪、けがれを祓い、疫病、安産にも効き目があるといわれている。
祭当日、裸足になってみたらし池をすすむ「足つけ神事」には、老若男女が集まり、御手洗池で膝までを浸し、無病息災を祈る。
御手洗池から取れた黒い小石は「かん虫封じ神石」としての信仰があり、この日に限り授与されている。
駐車場 あり(30分150円)
料金 お灯明料 一人200円~京都のイベントカレンダー より

毎年恒例 水に足を入れた瞬間の<ひやっつ!!><ぎゃっつ!!><冷たっつ!!>という、叫び声で<みたらし祭>は始まる。

おりしも今日は土曜日。
大鳥居をはみ出るほどの長蛇の列に並び20分、靴を脱ぎ パンツをひざ上までたくし上げ お灯明料を払い 串に刺さったお蝋燭を受け取り いざ!。。。やっぱり冷たい。。。

水の中をそろそろ歩み 灯明を上げるころには冷たさが心地よくなってゆく。
水滴をふき取るとなんともいえない爽快感が足の裏から上ってくる。

神様のお水を頂き <足腰守り>の 足型をした愛らしい水塔婆に両親の名前を書き 拝殿前の水槽に浮かべ 無病厄除けのお飾りを頂き 先月生まれたばかりのお隣のお孫ちゃんにかんの虫封じの黒石を頂き 
下鴨神社 お休処<さるや>http://www.shimogamo-jinja.or.jp/saruya/index.htmlさんで、約140年ぶりに復活した<申餅>を頂き、通年行事<みたらし祭>2011は任務完了したのでした。

さて 
d0159884_2244177.jpg
下鴨神社を後にした私たちは、、、明日につづく。。。




d0159884_2244477.jpg
d0159884_2245136.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-07-23 22:46 | 京都歳時記
<何じゃかんじゃ展2011>のご案内
期間 2011/7/29(金)~8/1(月)  10:00~17:00(最終日~15:00)

場所 レンタルスペース<空>http://www.tatsumi-con.co.jp/kuu/index.html

   ●京都市下京区西洞院通り木津屋橋通り 北東角 辰巳ビル2階
   ●電話:075-371-3101(㈱辰巳建設内)
   ●京の山杣人工房「空」
   ●e-mail:somabito@tatsumi-con.co.jp
   ●受付時間:月~金 8:00~17:00

お問い合わせ先 辰巳 尚隆(タツミ ヨシタカ) 080-6103-7188 kae06283811@ezweb.ne.jp

いよいよ始まります<何じゃかんじゃ展2011>
今年は昨年にも増して 沢山の若手陶芸作家の皆さんが参加してくださいます。

写真 陶芸 何やかやのコラボをお楽しみください。

連日お抹茶 冷たいお茶のご接待をさせて頂いております。
暑い最中で恐縮いたしますが、どうぞ涼みながらゆっくりゆったりなさりに立ち寄って見てください。

では、会場にておあいいたしませう!
辰巳
d0159884_1052854.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-07-21 10:05 | 展示会
THE GARDEN ORIENTAL KYOTO
http://www.thegardenorientalkyoto.com/
〒605-0827
京都市東山区八坂通下河原東入八坂上町366

□レストラン TEL. 075-541-3331
□ブライダル TEL. 075-541-3333
□パーティー TEL. 075-541-3310

「八坂の塔」のすぐ東隣に広がる1300坪の空間は、日本画の巨匠・竹内栖鳳が昭和のはじめに構えた私邸。優美なたたずまいの日本家屋と四季の彩りを映す庭園とで構成され、それはまさに古都の風情を象徴する東山界隈の縮図。
西に八坂の塔、北に高台寺を望む広大な邸は1929年に築かれ「東山艸堂(ひがしやまそうどう)」と名付けられました。
竹内栖鳳は晩年の13年間をここで過ごしました。住まいやアトリエとしてだけではなく、作品のモチーフになる草花や動物をここで育てたり、各界の著名人が集まる文化交流の場として幅広く活用されていた艸堂はTHE GARDEN ORIENTAL KYOTOとして自然美と京の風景を愛した日本画家の美意識を継承しつつ、おもてなしの空間として誕生しました。~HPより

以前伺ったとき珍しく<シガーバー>のあるお店だなぁと思っていました。
今回はお友達の<ねーさま>のご子息がご結婚の運びとなられ、ご会食の場所としての下見をかねて、ご無沙汰してしまっていたお姉様がたとの久しぶりの会食です。

2500円のお手軽ランチコースを頂きましたが、前菜 スープ パスタ メイン デザート コーヒーと十分すぎるほどの内容とお味でした。

建物 庭のしつらえも美しく 何よりスタッフの皆様の気配りと笑顔の巣場らしさが印象的でした。
またゆっくり伺いたいところです。
d0159884_16412387.jpg


d0159884_16422339.jpg
d0159884_164302.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-07-20 16:43 | 美味しい
台風の前の。。。
今日は朝から不穏な雨風が時折通り過ぎ、お外はなにやら不気味な静けさ。

これこそ<嵐の前。。>ならぬ<台風の前の静けさ>でしょうか。

もう少しで開きそうなカサブランカが風で倒れてしまいそうだったので切上げて玄関へ。明日は開くかな?
d0159884_16144031.jpg


台風様。お手柔らかに願います。。。
d0159884_16152047.jpg
d0159884_16153956.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-07-19 16:15 | 自然 植物
  

時々晴れ
by うさ3811
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
日記 写真
京都歳時記
自然 植物
動物 昆虫
仕事
美味しい
展示会
音楽
博物 美術館
お茶
旅行
京都こもごも
未分類
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
最新の記事
頂き物^_^
at 2015-03-29 12:33
川(せん)レンタルいたします
at 2015-02-10 12:20
東福寺 紅葉日記
at 2014-11-03 16:37
2014東林町ハロウィンナイト3
at 2014-11-02 21:54
2014東林町ハロウィンナイト2
at 2014-11-02 21:43
ファン
ブログジャンル
画像一覧