<   2011年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧
視覚の実験室 モホイ=ナジ/イン・モーション
京都国立近代美術館
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町

http://www.momak.go.jp/

会期
平成23年7月20日(水)~ 9月4日(日)
開館時間
通常の開館時間
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
金曜日の夜間開館日
午前9時30分~午後8時(入館は午後7時30分まで)

 20世紀美術に「新しい視覚(ニュー・ヴィジョン)」をもたらしたハンガリー出身の芸術家、モホイ=ナジ・ラースロー(1895-1946)の全体像を紹介いたします。
 構成主義の美術家・写真家、バウハウスの教師として知られるモホイ=ナジは、20世紀前半の前衛芸術運動に参加して「光と運動による造形」という創作理念を確立し、ハンガリーからウィーンへ、そしてドイツ、オランダ、イギリスを経てアメリカへと、自らも世界の都市を移動しながら、多様な造形・教育活動を行いました。
 絵画、写真、彫刻、映画、グラフィック・デザイン、舞台美術と多岐にわたる活動は、芸術と工業技術の関係性、情報伝達やコミュニケーションの問題といった、20世紀美術が直面した重要な課題を提示しています。伝統やジャンルにこだわらずに同時代の新しい素材や主題に取り組んだモホイ=ナジの仕事は日本でも早くから紹介され、1930年代の新興写真運動をはじめ、瀧口修造との交流を通じて、戦後は「実験工房」の芸術家たちに大きな影響を与えました。
 本展は、多数の貴重な未公開作品を含む遺族所蔵のコレクションを中心に、ハンガリー時代の絵画、キネティック彫刻の代表作《ライト・スペース・モデュレータ》、カメラを使わない写真技法「フォトグラム」、アメリカ時代のカラー写真など、国内外の美術館から集められた約300点の作品・資料によってモホイ=ナジの仕事を展望する日本で最初の回顧展です。その多くが国内初公開となります。表現の可能性をいまなお新鮮に、未来に向けて訴えかけるモホイ=ナジの世界を、ぜひご高覧ください。 ~京都国立近代美術館HPより

映像 写真 グラフィック コラージュ 絵画、、、、その多彩さとマルチな才能に まず!驚かされる。
そしてそのデザインセンスとバランス感覚のシャープさ 美しさは 現在とってみても時を越えたがごとく 斬新で新しい。

特に舞台デザインの鮮やかな色彩と 切り取る構図のシビアな写真に魅了された。

今週末までです。お急ぎ下さい!
d0159884_175581.jpg

d0159884_1751460.jpg
d0159884_1752213.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-08-31 17:05 | 博物 美術館
展覧会ご案内<第30回 汎具象展>
京都市美術館 本館
9/20(火) ~9/25(日)9:00~17:00(最終日16:00まで) 洋画 入場無料

http://www.city.kyoto.jp/bunshi/kmma/exhibition/201109.html
京都市美術館
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町124(岡崎公園内) Tel.075-771-4107 Fax.075-761-0444

http://www.hangusho.jp/index.html
汎具象美術協会のホームページ
汎具象美術協会事務局
〒604-8333 京都市中京区下八文字町687-2
中村 美登 方
電話 (075)822-9772
E-mail 事務局 s-roshy@mbox.kyoto-inet.or.jp

先日 文化博物館にて開催された<文人光画展>(ファインド・アイ)にてごいっしょさせて頂いております奥野 義雄さんがご出展なさいます。

とても印象的な洋画の数々です。
お近くにお出での際はお立ち寄りくださいませ。

よろしくお願いいたします。
d0159884_17102586.jpg






d0159884_1710343.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-08-30 17:10 | 展示会
京都北山杉の里総合センター
ご利用案内
開館時間 午前9時から午後5時まで (ただし、喫茶ルームは午前10時から午後4時まで)
休 館 日 不定休
所 在 地 京都市北区中川川登74
TEL:075-406-2212   研修・セミナー等のお問合わせTEL:075-406-2955

交通機関
国道162号線 福王子交差点を北西へ車で約25分
JRバス(周山行き)「北山生協前」下車すぐ

入 館 料 無料
研修・見学のお申込みはお電話で受け付けています。
10名以上での体験の場合、ご利用の3ヶ月前から電話で申込みを受け付けています。
http://kyotokitayamamaruta.com/centersyoukai2.html

今日は<北山杉の里>さんで北区の皆様のふれあいセミナーのお茶出しお手伝いをさせて頂きました。

暑い街中を抜け出して一路中川へ。
流れる風が爽やかです。

まず始めに京北の道の駅探索です。
何をどのように地域性を重視しながら提案販売しているのか??
地域特性を知るには一番手っ取り早い調査方法です。

その後杉の里へ。
到着した途端お昼の散らし寿司を頂き、お茶を頂き、、、お手伝いに来たのかご馳走になりにきたのか。。。
お気遣い有難うございます。大変美味しく頂きました。

区民新聞で応募なさってお出でになられた約90人のお客様。
磨き丸太の手法や製造工程を熱心に鑑賞なさっておられました。

久留米絣に間道のモンペを付けた愛らしい<中川女>の皆さんも登場。
大原女や高雄女との衣装の違いについてご教授いただきました。

また改めて詳しくお勉強させていただいてからブログにUPさせて頂きたいと思います。

帰りに思いもかけないサプライズ!生きたままのピチピチ鮎を沢山お土産に頂いてしまいました。
理事長さま皆様 素敵な一日を有難うございました!

すぐ脇を水が流れる木の香りに包まれてのティータイムは至福の時です。
お近くにお寄りの際は是非!喫茶<グリーンテラス>にお立ち寄りくださいませ。

お水がとても美味しいです。だからコーヒーも美味しいです。ご賞味あれ!
d0159884_21284897.jpg


d0159884_21285772.jpg
d0159884_2129514.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-08-28 21:29 | 仕事
夜の博物館<百獣の楽園 ―美術にすむ動物たち―>
<特別展観>京都国立博物館
百獣の楽園
―美術にすむ動物たち―
H23.7.16(土)~8.28(日)

〒605-0931 京都市東山区茶屋町527
Tel. 075-525-2473(テレホンサービス)

特別展覧会開催期間中
(日・火・水・木・土)午前9時30分~午後6時
(入館は午後5時30分まで)

特別展覧会開催期間中
(金)午前9時30分~午後8時
(入館は午後7時30分まで)

ゾウやラクダなどの大型哺乳類、イヌ・ネコ・ウサギといった愛玩動物、色鮮やかな鳥たち、ユーモラスな両生類、虫や魚、迫力の霊獣・・・縄文時代から現代にいたる当館の収蔵品の中から、選りすぐりの名品でお届けする初の動物特集です。制作年代や書画・彫刻・工芸といった表現のちがいを越えて、日本で愛されてきた動物たちの姿をいきいきと映し出します。~国立博物館HPより
http://www.kyohaku.go.jp/jp/today/index.html

なんかしら夜の博物館や美術館が好きです。
金曜日の夜 日暮れた暗闇に照らし出される博物館はさながら太古の王宮のよう。。
黄金に煌めきワクワク感たっぷりです。

今回は<百獣の楽園>
入ったとたんに鉄斎の<像図>にやられます。
宗達<白象図>からの発生であろう構図などなど だがなんて可愛くないんだ!?
同じ象でも 鉄斎と宗達ではこんなに感じ方が違っていたんだ。。と深く思う。

芦雪の<楓鹿図屏風>のあまりにも愛しげな鹿の目 応挙の赤目鹿
北斎の<狐狸図>囲炉裏で転寝し尻尾を露呈してしまう<分福茶釜狸>と 餌の魚に思わず正体を表してしまう<釣り狐>
今にも動き出しそうな若冲の<猿蟹図>
愛らしい猫のような光琳の<竹虎図>(こんなにこじんまりした作品とは思いませんでした)

と、沢山の名品の中、今回のマイベストは芦雪<朝顔に蛙図襖>です。
空間と間の見事さ 流れる墨の美しさ。。。。あぁ、、欲しい。。。と、真剣に思いつつ、、、

最後は鉄斎の<龍図>のピンクのまん丸お眼目の龍にひとしきり笑って会場を後にしたのでした。

会期明日28日までです。
お急ぎ下さい!!
d0159884_191966.jpg










d0159884_1913996.jpg
d0159884_1922740.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-08-27 19:02 | 博物 美術館
伺ってまいりました!<八瀬スケッチ会作品展>
8月26日(金)~29日(月)

26日は12:00~17:00
27日~29日は11:00~17:00

八瀬南公民館 075-723-7471
京都バス<八瀬大原>行き  八瀬甲ヶ淵(やせかぶとがふち)下車

大原に向い 叡電<八瀬>駅を進行方向右手に通り過ぎ <八瀬トンネル方向>右手  <大原方向>左手に分かれるY字路を <大原方向>左手に左折すぐ
(大原旧道入ってすぐ右手)

こぶたちゃんこと薮内さんが主催なさる<八瀬スケッチ会>作品展
力作がずらっと勢ぞろいです。 

どの作品も気負わず 感じたまま 自分の筆個性をのびのびと生かした作品で、その放つエネルギーの強さに引き込まれます。

お伺いしたところ 御歳80歳をこえられる生徒さんや皆さん とても楽しく生きがいを持って描いていらっしゃいます。いいですね。

こぶたちゃんの作品では<八瀬の風景>シリーズの夕焼け雲に深く引き込まれました。
八瀬に住まいなさってこその作品です。

明日の京都新聞にもこのスケッチ展の様子が載るようです。
d0159884_1771082.jpg
週末 穏やかな風を感じに八瀬まで足を延ばしてみませんか??
d0159884_177194.jpg
d0159884_1773334.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-08-26 17:08 | 展示会
緊急展覧会ご案内!<八瀬スケッチ会作品展>
8月26日(金)~29日(月)

26日は12:00~17:00
27日~29日は11:00~17:00

八瀬南公民館 075-723-7471
京都バス<八瀬大原>行き  八瀬甲ヶ淵(やせかぶとがふち)下車

大原に向い 叡電<八瀬>駅を進行方向右手に通り過ぎ <八瀬トンネル方向>右手  <大原方向>左手に分かれるY字路を <大原方向>左手に左折すぐ

八瀬に<おおかみさんとこぶたちゃん>という、とても素敵な二人が住んでいます。

おおかみさんはお写真 オーディオ 何やかや、、、本当に多趣味なオーソリティーです。
(現在本職は大学教授さんです)
こぶたちゃんは画家さんで、絵本やエッセイなどとても優しい暖かい 美味しそうな絵を描いています。
そしておおかみさんが大大大大大、、、、大好きです。

(こぶたちゃんの連続作品<子ブタちゃん日記>は私の大好きな作品です。
新作の発表を心待ちにしています。。)

このこぶたちゃんから主催なさっておられる<スケッチ展>のご案内が届きました。
100点を超える力作が並ぶとのこと!!
これは伺わなくてはなりますまい!

おおかみさんとこぶたちゃん このお二人にお会いすると
<大好きな人と過ごす時間の かけがえの無さ>を、肌で感じます。私はこのお二人が大好きです。

来月おおかみさんがちょっと大きな手術を予定しています。
でもきっと三ヵ月後にはこぶたちゃんと一緒に また八瀬の緑の中で笑っていらっしゃることでしょう。
私たち夫婦もお二人のように <たつさんとうさぎさん>でありたいと願っております。

八瀬の緑とちょっと涼しい風を感じに<スケッチ展>訪れてみられてはいかがでしょう??
写真はお稽古の時のお軸です。
(この金魚さんいいですねぇ大好きです
d0159884_95851100.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-08-26 09:59 | 展示会
化野念仏寺 千灯供養
 京都市右京区の化野(あだしの)念仏寺で23日、「千灯供養」が始まり、参拝者は石仏や石塔にろうそくを供えて無縁仏や東日本大震災の犠牲者を弔った。

 化野は平安時代から風葬の地として知られ、明治時代に入って周辺から出土したり、散乱したりした無数の無縁仏を集めて供養したのが始まりと伝わる。

 夕暮れとともに次々とろうそくに火が灯されると、参拝者らはこけむした約8千の石仏や石塔に静かに手を合わせていた。千灯供養は24日も営まれる。~産経新聞 より

〒616-8436 京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17 あだしの 念仏寺
電話:075-861-2221 Fax:075-881-9800
mail to : adashino@nenbutsuji.jp

http://www.nenbutsuji.jp/access.html

突然の雷雨の後、日暮れの濡れた竹林小道を化野念仏寺へ向う。
お店はシャッターを下ろし、道路わきの外灯以外明かりは無く昼間の喧騒がウソのような静けさ。

二尊院を過ぎたあたりからやっと両脇に和紙灯篭がぽつぽつ灯り始める。
突然 念仏寺に向うであろう人の波がおこりはじめた。

念仏寺の中に香の香りが立ち込め 静かな読経に合わせるかのように無数の蝋燭炎がゆらゆらたゆとう。
蝋燭に炎を移し、今だ被災地をたゆとうであろう多くの御霊に安らかならんことを願う。

ゆらゆらゆれる炎に ふと親しかった友人の背中を見た気がした。
d0159884_2229317.jpg







d0159884_22293731.jpg
d0159884_22295218.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-08-24 22:30 | 京都歳時記
展示会のお知らせ<第16回現代・文人光画展 ≪写真≫>いよいよ明日から!
第16回現代・文人光画展 ≪写真≫ 
8月24日(水)~8月28日(日)
10:00~18:00(最終日は17:00まで)

京都府京都文化博物館 5階ミュージアムギャラリー
〒604-8183 京都市中京区三条高倉 京都府京都文化博物館
office@bunpaku.or.jp
※@を半角に直してください。 TEL (075)222-0888/FAX (075)222-0889
http://www.bunpaku.or.jp/index.html

入場 無料
お問い合わせ:ファインド・アイ京都(武内)075-954-5395


本日搬入を完了し、いよいよ明日からの開催となります。
宜しくお願い申し上げます。

お医者さん 植物学者 デザイナー 日本画家などなど、、、
様々な道のエキスパートの眼から見た<いのち>
今年のファインド・アイのテーマは ずばり<いのち>です。

彼らはプロの写真家ではありません。
彼らは近代の<文人>として<画>ではなく<写真>つまり<光画>で今へメッセージを送ります。

どうぞ様々な<眼>を通して見つめた<いのち>を
ご覧いただけたら幸いです。

宣伝になりますが、、主人<辰巳 尚隆>も出展いたします。
http://tacchumi.exblog.jp/
宜しくお願い申し上げます。(二枚目が出展作品です)

ブログ友龍人日記さんも出展なさいます。
http://fwkp6043.exblog.jp/(三枚目が出展作品です)
d0159884_21185176.jpg

お運びいただけると嬉しいです。
d0159884_2119323.jpg
d0159884_21191125.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-08-23 21:19 | 展示会
五山送り火
五山送り火(ござんのおくりび)は、毎年8月16日に京都府京都市にある如意ヶ岳(大文字山)などで行われるかがり火。宗教・歴史的な背景から「大文字の送り火」と呼ばれることがある。

京の夏の夜空を焦がす京都の名物行事・伝統行事。葵祭・祇園祭・時代祭とともに京都四大行事の一つとされる。

毎年8月16日に

「大文字」(京都市左京区浄土寺・大文字山。20時00分点火)
「松ヶ崎妙法」(京都市左京区松ヶ崎・西山及び東山。20時10分点火)
「舟形万灯籠」(京都市北区西賀茂・船山。20時15分点火)
「左大文字」(京都市北区大北山・左大文字山。20時15分点火)
「鳥居形松明」(京都市右京区嵯峨鳥居本・曼陀羅山。20時20分点火)

以上の五山で炎が上がり、お精霊(しょらい)さんと呼ばれる死者の霊をあの世へ送り届けるとされる。
~ウィキペディアより

なにかと考え方は人それぞれです。
でも、亡くなられた皆様の安らかなご冥福をお祈りする気持ちは皆様同じだと思います。

どうぞ皆様安らかに。また来年お盆にお会いしましょう。


d0159884_23102632.jpg

d0159884_23103483.jpg
d0159884_23104153.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-08-16 23:11 | 京都歳時記
清水寺 千日参り
1日のお参りで千日分のご利益があるといわれる観音さまの最大の功徳日。
本堂の内々陣でご献灯ができ、8月14・15・16日には、11時と20時に法要が営まれます。
通常の昼の拝観に加え、夜の特別拝観も行うことから、境内は、遅くまでたくさんの人で賑わいます。

大人400円 小・中学生200円
(夜間特別拝観と共通)

8月6日~16日
19:00(開門)~21:30(受付終了)

http://www.kiyomizudera.or.jp/access/

京都府京都市東山区清水1-294~清水寺HPより

清水さんの用達会をさせて頂いている関係上 うちの旦那は行事があると必ずお手伝いに伺います。

ポジションは大抵おみくじ売り場です。

今日も元気におみくじ売りをしてました。
ミッキーさんみたい??
d0159884_015121.jpg





d0159884_02369.jpg
d0159884_021191.jpg

[PR]
by usa3811 | 2011-08-16 00:02 | 京都歳時記
  

時々晴れ
by うさ3811
プロフィールを見る
画像一覧
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
頂き物^_^
at 2015-03-29 12:33
川(せん)レンタルいたします
at 2015-02-10 12:20
東福寺 紅葉日記
at 2014-11-03 16:37
2014東林町ハロウィンナイト3
at 2014-11-02 21:54
2014東林町ハロウィンナイト2
at 2014-11-02 21:43
ファン
ブログジャンル
画像一覧